サラリーマンの節税対策

サラリーマンの節税対策

最近脚光を浴びるようになってきた特定支出控除。

 

サラリーマンにも経費が認められると話題になっているのをご存知でしょうか?

 

特定支出控除とは?

スーツや本の購入代や接待費といった特定の支出が給与所得控除額の半額を超えた場合に受けることができる控除です。

 

特定支出の額-給与所得控除額=特定支出控除額

 

計算式で表すと上記の通りです。

 

例えば年収400万円の方の場合、給与所得控除額は134万円(400万円×20%+54万円)ですので、その半分の67万円をスーツ代や接待費の年間合計額が上回れば控除が発生する計算になります。

年間67万円超えですから、毎月6万円ずつ使っている人なら対象になりますね。

 

でも、そんなに使っているサラリーマンがいるのでしょうか?

というか、毎月6万円も使えるくらいの余裕があるサラリーマンなんているのでしょうか?

 

むしろ、そんなに余裕があるのなら別にこんな控除は必要ないのではないかと思うわけです。月6万というとかなりの金額ですよ。月々のお小遣いがだいたい2~3万円の人が多いのに、そんな人どこにいるんでしょうかね。

 

さらに、この特定支出控除。

実は控除を受けるにあたって会社から証明書を発行してもらうことまで必要なんです。

 

sinseisho

【国税庁ホームページ:給与所得者の特定支出控除に関する証明書の様式等の制定についてから引用】

「そこまで手間かけて誰がするねん!」

と突っ込みたくなるレベルです。

 

まとめ

つまり、話題に上がっている特定支出控除は当てにできない。

サラリーマンの節税はできないという結論に至るわけです。

 

⇒節税ができないサラリーマンが手取りを増やすために最適な方法を知りたい方はこちら

 

⇒サラリーマンの副業に最適な毎月5万円稼げるアフィリエイトの具体的な方法はこちら

このページの先頭へ