副業と確定申告

副業と確定申告

副業を始めたら確定申告をしないといけない。でも、税金のことは会社でやってくれてるし確定申告なんてわからないのは当然だと思いますのでどうすればいいかお伝えしたいと思います。

副業所得が年間20万円以下の場合は確定申告不要?

副業による所得が年間20万円以下の場合は確定申告は原則不要です。

所得という部分を「収入」と勘違いされがちなのですが、所得は収入ではありません。所得とは収入から経費を差し引いた残額になります。例えば、インターネットの副業で年間100万円の収入が得られたとします。

でも、パソコン代、レンタルサーバー代、独自ドメイン代、電気代、インターネット代、セミナー参加費、インク代、コピー用紙代、本・教材の購入費、振り込み手数料などが経費として90万円かかりました。となると、所得は10万円になります。

所得=収入-経費なのです。

副業の所得には2つの種類がある

1.事業所得

副業で継続的かつ事業規模の収入がある場合に該当します。

マイナスになった場合、会社から支払われる給与(給与所得)から差し引くことができるので所得税の還付、住民税の節税につながるケースがあります。

例)

  • アフィリエイトサイトから毎月20万円以上の収入が得られた場合
  • ワンルームマンションを買って人に貸して家賃収入を得ている場合

2.雑所得

副業はしているけど一時的もしくは少額の収入しかない場合に該当します。

マイナスになったとしても会社から支払われる給与(給与所得)から差し引くことはできませんが、扱いが株や投資信託と同じになるため、会社にばれる危険性がほぼゼロになります。

例)

  • 家に眠っていたブランド品をオークションで売って一時的に収入を得た場合
  • 株や投資信託で収入が得られた場合

 

※アフィリエイトで月10万円以下であれば毎月継続的に収入があったとしても事業所得とは認められないケースがありますので、基本的には雑所得として確定申告をした方が良いでしょう。また、副業がばれないためにも事業所得での申告は控えたほうが良いです。

 

申告の仕方として白色申告と青色申告がありますが、ゆくゆくはサラリーマンを辞めて本格的な事業としてやっていこうと考えている場合以外は白色申告で大丈夫です。

 

⇒サラリーマンの副業に最適な毎月5万円稼げるアフィリエイトの具体的な方法はこちら

このページの先頭へ