イベント会場設営のアルバイトは副業としてどうだったか

イベント会場設営のアルバイトは副業としてどうだったか

派遣会社に登録して日雇いのようなアルバイトを副業でやっていた時期もありました。

たしか時給850円くらいで「やっすいな」と思いながら行っていたのを思い出します。

派遣会社に登録しての日雇いバイトは他にもいろいろあるのですが、イベント会場設営や引越しの補助、デパートの催し会場の準備、コンサート会場のサポートスタッフといった体力仕事が多いですね。

突発的に発生する仕事でとにかく人手が欲しいというニーズに沿ったものだから当然の結果かと思います。

さて、前置きはこれくらいにして私が実際に体験したイベント会場設営のアルバイトがどういうものだったか、実際に副業としてどうなのかを書いていきますね。

日替わりなのが鬱陶しい

週末毎の仕事なので今週行ったところにまた来週も再来週も行くようなことはありません。

毎回毎回違う場所に行く形になります。

そういうのが好きな人はいいのかもしれませんが、私にとってこれは苦痛でした。

いちいち行く場所を聞いて調べないといけない、最寄り駅はどこなのか、家を何時に出れば間に合うのか、初めて行くところだから念のため早めに到着しておかないといけない…

「たかだか時給850円のためになぜここまでしなきゃなんないんだよ、面倒くさいな!」が本音でした(笑)

しかも、毎週仕事があるという確約があるわけでもなく、なかった場合はすぐに仕事に行けるようにスタンバイしておくというのもあったと記憶しています。

最悪仕事が入らなくてもスタンバイで日当2,000円くらいもらえたような…でも、仕事があるかないかもわからない中、何もできず家か事務所で待機しないといけないなんて苦痛でしかないのに、それで2,000円ってなめてますよ。

仕事に来るのはチャラいヤツか根暗しかいない

体力仕事だからか、ガテン系のチャラい感じか黙々と仕事をこなす根暗な感じの人しかいませんでした。

まあ、アルバイトなんで人付き合いなんて気にしなくてもと思いたいのですが、ろくに社会人も経験していない礼儀知らずのチャラいにいちゃんに偉そうにされるのは気分が悪い。

プライドがない人ならいいのかもですが、「こっちはサラリーマンでちゃんと仕事やってんだぞ」っていう気持ちを少しでも持ってしまうとイライラがおさまらず余計に嫌な仕事になってしまいます。

根暗な人は根暗な人であまり話を聞かず協調性がないので効率的に仕事が進まない。

時給850円だからこそ集まってくる人たち。その人たちと一緒に仕事をすることに心が折れました。

イベント会場設営とか体力仕事はオススメできない

体力仕事は時給が安い、安いからそれなりの人が集まっているということです。

その場限りなので耐えればそれまでという話かもしれませんが、時給を考えれば割が合わないと思います。

時給が安い分一日働いても7,000円くらいなので会社にばれる心配はありませんが、月に4日働いたとしても3万円弱です。

体力的にも精神的にもしんどい思いをして3万円弱ってどうなんでしょう?

飲食やコンビニのバイトもそうですが、副業として時給の安いバイトを頑張るのは割が合わないとしか思えません。

月3万円くらいなら株や投資信託などの投資を勉強してやるか、アフィリエイトで自動的に稼げる仕組みを作るかした方がよっぽどいいと思います。

当時は選択肢がなかったのでアルバイトをやっていましたが、今もやるかと聞かれれば絶対にやらないと答えますね。

⇒サラリーマンの副業に最適な毎月5万円稼げるアフィリエイトの具体的な方法はこちら

このページの先頭へ