サラリーマン営業職4ヶ月目で感じること

サラリーマン営業職4ヶ月目で感じること

piggy-bank-968302_640

かなり久しぶりの更新となります。日々、絶対ハマりたくないと思っていたサラリーマン生活に流され、更新することができずにいました。

平日はもちろん、休日くらい更新できるであろうと考えていましたが、平日全力疾走している分どうしても休みたい自分が見え隠れしておりました。

なるほどこれが”ラットレース”というやつか、と日々感じている次第です。

サラリーマンで得れる給料には1ミリも期待できない

営業職として、未熟ながらもそれなりに実績をあげさせてはいただきましたが、仕事量に対する月給の対価がびっくりするぐらい低いのが現状です。

巷で言う「営業職」とはこんなにも給料が低いものかと驚く次第です。

一部の外資系営業や、トップエリートクラスでなければ、人並み以上の生活なんて絶対にできません。むしろ、結婚し子供が生まれている人は、本当に生活が苦しいのではないでしょうか?

私は単身ですので、ある程度資金を操ることが可能ですが、子どもや家族がいるとそうはいかないと思います。

現状で、これです。今後10年で、さらに生活が苦しくなるのが目に見えてしまいます。時代の変化とは恐ろしいものです。

アフィリエイトの収益性はとんでもない

営業職として、一部出来高制の部分もあるのですが、同じ額を得ようとすればアフィリエイトで仕組みを作るほうがよほど簡単です。

達成感や充実感は得られるとは思いますが、サラリーマンという働き方に収益性は見込めないことが十二分にわかりました。

アフィリエイトビジネスは、おそらく今後ますます加速化します。生活が苦しくなる人が増えれば増えるほど、楽して稼げるビジネスを探したくなるのが人間です。

アフィリエイトは決して楽して稼げる手段ではありませんが、一般の起業と比較すればハードルは低いです。

個人で参入でき、数十万、数百万の利益を埋めるビジネスモデルであり、場所を選ばず限りなくリスクがないものは私が知る限り存在しません。

この素晴らしいビジネスモデルに気が付き始める人が刻一刻と増え始めています。

両方のいいところを活かす仕組みが最も効率的かもしれない

極端に「アフィリエイトだけ」をやるのがいいと言うのではありません。

サラリーマンでも信用を得る手段として活用できるといういい側面もありますし、とりあえずの飯は食えるはずです。私のように平日全力疾走で、仕事の後にアフィリエイトなんてやってられるか!!という人もたくさんいると思います。

仕事で手を抜くことはできないと思いますし、私もそんな器用なほうではないので、昼間の仕事は全力疾走でいいと思います。

しかし、今後どうせ苦しい生活状態へ変化していきます。そのうち努力する時間が必要となるのは確かです。

そのしんどい時間を分割させて、例えば平日朝1時間だけブログを書いてみる、週末の1日だけブログへ時間を費やしてみるなど、生活リズムに組み込んでいく意識が将来の自分を助けるかもしれません。

私自身にも言い聞かせたいことのひとつです。

⇒サラリーマンの副業に最適な毎月5万円稼げるアフィリエイトの具体的な方法はこちら

このページの先頭へ