サラリーマンの副業の始め方

サラリーマンの副業の始め方

hajime

サラリーマンの副業の始め方

まず第一に、会社の就業規則を確認してください

副業禁止の会社がほとんどですから、禁止の中でも隠れて副業するのか、副業が許可されているのかによって選択肢が変わります。副業禁止であればアルバイトを選ぶことはできません。在宅副業やネット副業、他雇われの仕事以外で働く方法を見つける必要がありますね。

仕事を選ぶ

副業の仕事と言えどもたくさん種類があります。アルバイトであればそれだけでも無数にありますし、アルバイト以外でも数多くの副業が存在しています。

アルバイトであれば時給や拘束時間、シフト調整できるかなど兼業した際のイメージを持ちながら選ぶことが大事になります。

アルバイト以外であれば、どんな仕事があり、どれだけ稼げるのか、どうやったら稼げるのかなどの情報集めが必要です。ネットで検索すればたっくさん出てきますよ。

本業とのバランスを取る

あくまで本業がメインです。例えば副業をネットでやって本業よりも稼げたからと言って本業をおろそかにしたり、稼いだから偉ぶったりするのはやめましょう。

事業主となれば会社員より稼げますが、あくまで副業です。気持ちはわかりますが、必ずバランスを取ってくださいね。

適度に休暇を取る

ダブルワークとなると、今までよりも仕事に費やす時間が長くなります。当然疲れも蓄積しますので自己管理能力をつけてください。休むときは休む、働くときはしっかり働くなど、メリハリが大事になります。疲労がたまると本業の会社にも影響が出ますし、頭が回らなくなったり、言葉がでなくなったりと日常生活にも支障をきたす危険性があります。注意してください。

禁止であれば対策をする

会社規定で禁止されていれば、ばれないようにする方法を取り入れなければいけません。健全に副業し長いこと継続するのであれば、しっかり対策を学びましょう。

 

以上が、副業を始めるにあたって考えておくべき項目です。

副業を始めようと思っている人はどんどん増加していますし、今後ますます増え続けていきますから、おいしい仕事は早い者勝ちです。いい仕事から奪われていきますから、将来を考えて今のうちから行動するほうがのちのち楽になるでしょう。

将来のこともそうですが、毎月の給料に今の仕事と+で10万円入ったと考えるだけでウキウキしてきますよね。

給料20万円の人なら、30万円。

給料30万円の人なら40万円。

私は考えるだけでやる気になります。こんな単純なことですが以外に大切で、モチベーションアップに役立つのでこれも行動を起こす秘訣として頭の片隅に入れておいてくださいね。

⇒サラリーマンの副業に最適な毎月5万円稼げるアフィリエイトの具体的な方法はこちら

このページの先頭へ