派遣社員は副業禁止なのか?将来を考えて収入を増やす

派遣社員は副業禁止なのか?将来を考えて収入を増やす

派遣社員の副業

派遣社員は副業禁止なのか?特に収入が低いとされている雇用形態が派遣社員です。ボーナスは出ませんし、会社からすると一番人件費がかからない雇用の仕方として使いやすいのがこの派遣社員です。

派遣社員は副業禁止なのか?

派遣社員の場合、派遣元の会社の就業規則に基づいて副業禁止かどうか、が決定されます。

禁止であるかどうかは派遣元の雇用契約書をご確認ください。

基本的に副業を禁止する理由としては雇用されている会社の不利益となることを防ぐことを目的とされているため、副業が禁止されていなくとも、表立って副業可能とはあまり言いません。

もしも副業が禁止されている場合であっても、正社員と同じく会社の就業規則のため、法律に違反するどうこうではありませんので副業は可能です。

派遣社員は副業しなければ将来が危ない

派遣社員で一生やっていこうと考えている人はいないとは思いますが、わけあって派遣社員でしか現状働けない人もいるでしょう。

悪いとは言いませんが、収入が低いのは明らかですから、派遣で働く他に自分でプラスで収入を作るほかありません。

派遣社員のメリットは、派遣先の直雇用ではないために、時間が割と自由です。拘束されている感が少ないので、副業や起業準備をする時間がとりやすい特徴があります。

その代わり基本的にボーナスは支給なしですし、年収で行くと240万円~300万円くらいでしょう。家族を抱えると、全然生活できるレベルではありません。

さらに雇用も短期間の契約更新システムですので、いつ契約を切られてもおかしくありません。そんな不安定な雇用形態で働くわけですから、副業でも起業準備でも、何でもいいですから自分の安定は自分で築いていくしかないのです。

派遣社員でもできる副業とは?

副業禁止規定がなければ、基本何でも選択可能です。ただしアルバイトにように雇われる仕事で、派遣元や派遣先に迷惑をかけてしまうようなことがあれば即刻派遣の契約終了となることでしょう。

普通そんなリスクは負いません。派遣社員の特性である時間的な自由や拘束の少なさを活用し、空き時間にコツコツ仕組みをつくったり、起業準備をすることが、派遣社員の立場をうまく活用した働き方といえます。

派遣社員の雇用形態をうまく生かした副業

時間にとらわれず空き時間にコツコツ仕組みを作る方法として効率的なものは、在宅で取り組め、なおかつ低リスクで参入できる「アフィリエイト」です。

アフィリエイトは初心者でも参加できますし、派遣社員でデメリットとなるボーナス分くらいの収入も稼ぐことが可能です。

ネットビジネス初心者にも取り組めるのはうれしいことですが、その分ライバルが多いのも事実。ライバルを出し抜いて稼いでいくのは確かに簡単ではありません。ところが、参入者の中で本質を押さえて継続して改善し、チャレンジしている人はほとんどいないのが現状です。

ですので、本気で稼ぐ決意をし、継続的に取り組めば必ず稼ぐことは可能です。積み上げて入った収入をもとに起業する、もしくは新しいビジネスにチャレンジする資金にするなど使い方は様々ですが、正社員よりも稼げるビジネス形態でもあります。

稼いだ後は雇用形態関係なく確定申告が必要ですので、脱税など言われぬよう知識をつけておきましょう。

⇒サラリーマンの副業に最適な毎月5万円稼げるアフィリエイトの具体的な方法はこちら

このページの先頭へ