ビジネスにおける3大リスクとは?

ビジネスにおける3大リスクとは?

risuku
ビジネスには「リスク」があって当たり前ですが、「低リスク」のビジネスって存在するのでしょうか?

前提として、ビジネスにおいてはどんな「リスク」が存在するのか代表例を上げてみます。 特に金銭的なリスクとなりうる要素ですね。 一般的なリスクと対照的に、ネットを活用するとどうなるかも一緒に見ていきましょう。

ビジネス(起業)における3大リスク

設備投資(家賃)

店舗を構える仕事であれば、必ず設備投資が発生します。例えばあなたが飲食店を経営しようとしますよね?その場合、毎月の家賃、改装費、などなど固定経費が発生します。売り上げが上がらなければ赤字を埋みだす原因となります。

もし、ネット上で店を持つのであれば、実際に街中に店舗を構えるのと比較すると、毎月数十万レベルで経費が節約できますよね。家賃もありませんし、改装費や固定経費もありません。(レンタルサーバーや独自ドメインくらいありますが低コスト)

ネットを活用した場合、固定経費が大幅に削減されますので、赤字を生むリスクは低くなります。

人件費

通常、人を雇うとなると毎月これも費用がかかります。もしあなたがバイトとして1ヵ月働いて、給料なしと言われると訴えますよね。(笑)給料が支払われているということは会社側からするとお金を支払っている側となりますので、毎月必要な費用となってくるわけです。これが人件費と言われるもの。

ネットを活用したならば、人件費に関しても、人を雇うことなくネット上でお店を回すことも可能ですし、しかも24時間稼働してくれます。

通常であれば1か月間の間に、一人雇えば約20万。

24時間営業となると深夜手当などもっと人件費が必要になるものです。

少なく見積もったとして、最低年間240万が必要になるところですが、ネットを駆使することで人件費ゼロにできてしまいます。

ここも金銭的なリスク回避となりえます。

広告費

通常一番省きたいけれど、省くと売り上げに直結してしまうため、多額の費用をかけてしまうのがこの「広告費」の部分。

広告費は、起業家にとってはかなり首を絞めるものとなり、削減したいが削減すると売り上げが上がらないといった悪循環にはまってしまうところです。

ここに関しても、取り組むスタンスやジャンルによるとは思いますが、ネットを使ったビジネスにおいて広告料は最低0円で始めることができます。

さらに、ネットの進化によって、この広告を自ら作成し、逆にブログのような「売り上げを上げるための媒体」として育てていくことも可能になった世の中です。

リスクというよりも一部チャンスとして捉えることもできますね。

 ビジネスにリスクはつきものであるが・・・

いろんな商売を見てきましたが、一番リスクが低いのはやはりネットを駆使したビジネスです。

理由は何より資金が圧倒的にかからないからです。

この3大リスクを見てみると、やはり通常のビジネス展開を行うよりも、ネットを使ったビジネスのほうがどれだけリスクが低いか、わかるかと思います。

よく脱サラしてビジネスを始めますなど聞きますが、私はその選択は「No」なんですね。

まずは副業として、「ビジネスの考え方」なるものをしっかり身につけてからがいいと思うんです。

副業として取り組むのならば、できるだけリスクが低いほうがいい。となると、ネットを使ったビジネスが一番低リスクと言えます。

⇒サラリーマンの副業に最適な毎月5万円稼げるアフィリエイトの具体的な方法はこちら

このページの先頭へ