アフィリエイト以外に不労所得は存在するのか?

アフィリエイト以外に不労所得は存在するのか?

不労所得とアフィリエイト

アフィリエイト以外の方法で、ゼロから不労所得を構築していく方法は存在するのでしょうか?夢の経済的自由、時間的自由を手に入れる方法は、本当にあるのか?ここでは現実的な視点で物事を考えてみます。

アフィリエイト以外に不労所得は存在するのか?

サラリーマンであれば誰もが欲しがる「自由」の扉。時間をお金へと変換しているサラリーマンにとっては夢のような話です。よく聞く「在宅副業」で継続的な収入となるアフィリエイト以外で、不労所得を作ることは可能なのでしょうか?

アフィリエイト以外で作れる不労所得であげられるのは、最も安定的で、そしてイメージもつきやすいのが不動産収入です。家賃収入で毎月数十万円を得て、資金を回していく方法ですね。これは王道の資産構築です。おすすめできます。

しかしここでネックになるのは「資金」です。

そもそも投資できる資金がなければ話になりません。投資して初めて家賃収入を得る権利がもらえるわけです。投資額がなければ、融資(つまり借金)して投資し、資金繰りしなければなりません。

簡単な仕組みではありますが、今のご時世、どれだけ信用があれば銀行が高額融資を許可するでしょうか?それ相当の信用では多額の資金は融資してくれません。よっぽど一流企業で働いているだとか、上位20%に入り込む信用を持ち合わせていなければ融資を受けることは難しいです。したがって、不動産は不労所得にはなるが、収入を手に入れるのは容易ではありません。

アフィリエイト、不動産以外で不労所得は作れるの?

一般人に取り組めて、尚且つ低資金で参入可能、低リスクと限定すると、かなり選択肢は減っていきます。そこまで限定するならば、残りはネットワークビジネスくらいです。

ネットワークビジネスは、メーカーと直販でやり取りを行うために、高品質な商品を低価格で提供できるというメリットがある新世代型ビジネスです。良くも悪くもご存知の方は多くいることでしょう。日本で3000社、世界で8000社存在していると言われています。これだけ多くの企業が存在してるわけなので、悪徳企業がいるのもおかしくはありません。事実まだまだ存在しています。

ネットワーク業界に参入する際の注意点は3つです。

  • 優良企業であること
  • 優れた環境であること
  • 優れたアップライン(紹介者)であること

この3つは外すことができないポイントです。

ここをしっかり押さえていれば、あとはあなたの努力次第で資産構築が可能です。在宅でできる資産構築ではありませんが、ひとたびユーザーを作れば、基本的には消耗品を扱うために、アフィリエイトよりもリピート性は高いと言えます。ただし、まだまだ風評被害があるのは事実です。取組む人のモラルが問われるビジネスであるために、あなたの人間力が最も重要となるビジネスです。

「在宅」で不労所得を得るならアフィリエイトしか方法はない

一般人に取り組めるビジネスモデルで、「在宅」にて繰り返す収入形態を作り上げるのであればアフィリエイトしか存在しません。難しい、初心者には無理だ、といろいろ言われますが、正直上記2つよりも圧倒的にハードルは低いです。低資金で参加でき、尚且つ時間も自由給料も自由。

ただ一つ、ビジネス感覚でやらない限りは稼げることはありません。それはどんな仕事も一緒です。そこは勘違いのないようにしてください。

どんなビジネスモデルを活用するにせよ、あなたが望んでいる状況は必ず努力が必要です。努力と言うのは簡単であるが、実際に取り組むのは労力を必要とします。その労力にも負けず目標を叶えようとする人だけに、明るい未来が訪れるような仕組みになっているものです。

今まで述べてきたことをまとめますと、一般人が繰り返す収入を得る方法として、アフィリエイトを選択しないとするのであれば、不動産投資、もしくはネットワークビジネスと限定されます。アフィリエイト以外で繰り返しの収入が欲しい方は、可能な選択肢は2つということになりますね。

⇒サラリーマンの副業に最適な毎月5万円稼げるアフィリエイトの具体的な方法はこちら

このページの先頭へ