一般人でも働かなくてもいい方法って存在するのか?不労所得の価値

一般人でも働かなくてもいい方法って存在するのか?不労所得の価値

働かないでいい方法

働かなくてもいい方法とは、労働しなくとも収入が入る状態を作れるのか?ということです。

高校卒業し、進学もしくは就職をして「働く」ことが道筋となっている日本。

なぜ労働することが基準となっているのでしょうか?

労働できることは幸せであり価値のあることでもありますが、今の世の中では一概にそうとも言えなくなりました。

あまりにも過酷な労働条件で働かされうつ病になってしまったり、ストレスから病気になったりと問題が増え続けています。

労働しなければご飯が食べれません。だから嫌でも働かなければいけない。そして体調を崩すという悪循環です。

働かなくても生き抜く方法はないのか?誰もが考えたことがあるでしょう。

ここで私がお話しすることは、ちゃらんぽらんで向上心もなくニートですという人を応援するのではないので勘違いしないでくださいね。

労働する以外で収益を上げる方法があるかどうかというお話です。

 

労働せずに収益が入る収入形態を「不労所得」と呼びます。

これは労働とは関係なく一定の収入が入り続けるような仕組みのことです。この状態が作り出すことができれば働かなくても生きていけます。

当然努力なしで構築するのは難しく、目標をもって最適なビジネスに挑戦しなければ給料制度を抜けですのは不可能と言えるでしょう。

不労所得を構築するビジネスモデルの中で私がおすすめするのは「アフィリエイト」です。

30万円程収入が入るとするならば、働かなくとも生活できるでしょう。それくらいの収益であれば普通に稼ぐことができます。

イメージできないならば5万円収入が上がるサイトを6サイト持つと考えてください。

そこまで難しくありません。

コツを外してしまうと稼げるものも稼げませんが、しっかりと本質を押さえ取り組むことができれば、働かなくとも収入が入る状態を作ることは可能です。

⇒サラリーマンの副業に最適な毎月5万円稼げるアフィリエイトの具体的な方法はこちら

このページの先頭へ