不労所得で50万円構築できる2つのビジネスモデル

不労所得で50万円構築できる2つのビジネスモデル

satu
サラリーマンでも不労所得で50万円作る現実的な方法には一体何があるだろうか?多額の資金をかけることができるのならばさほど難しくはないのかもしれませんが、家族や子持ちでサラリーマンとして働く一般家庭の人間にはなかなか難しいところでしょう。

そんなサラリーマンでも不労所得で50万毎月入る状態を作ることは可能なのでしょうか?

まずは「所得の種類」を確認しておくことで不労所得になりうる所得区分にあたるものがどこかが明確になります。(リンク先は国税庁HP参照)

サラリーマンでも不労所得で50万円作ることができるのか?

「サラリーマンでも」と限定するのであれば、低資金で本業とは別に空いた時間で取り組めるかどうかが条件となります。

不労所得を作るにはほとんどの場合多額の投資資金が発生します。

例えば不動産を購入し家賃収入を得たり、土地を買収しそこからの収入を確保したりと、数千万円、数億円の資金が必要になるのが基本です。

  1. 低資金
  2. 空き時間にできる

ここに限定するのであれば、ビジネスがほとんど絞られます。

不労所得で50万円作るビジネスのメリットデメリット

現状、50万円という金額を稼ぎ出すことが可能であり、尚且つ上記2点の条件をクリアし、継続的に収入が入り続けるビジネスは2つのみ。

  • ネットワークビジネス
  • アフィリエイトビジネス

のどちらかとなります。どちらも一長一短ありますが、どっちが好ましいかは好みの問題です。

ネットワークビジネスのメリット

  • 消耗品を扱うため継続報酬になる可能性が極めて高い
  • 今後拡大産業である
  • 組織構築が基本なため人脈が広がる
  • 低資金でスタートできる
  • 人間的な成長が伴うビジネスである
  • 空き時間に取り組める

ネットワークビジネスのデメリット

  • 風評被害がまだまだある
  • 悪徳業者がまだまだ存在する

アフィリエイトビジネスのメリット

  • 空き時間に在宅でできる
  • 継続報酬になる可能性がある
  • 資金がほとんどかからない
  • 無料からでもスタートできる
  • パソコンの知識が身に付く
  • SEO対策など学ぶため、スキルを他のビジネスにも生かすことができる

アフィリエイトビジネスのデメリット

  • 検索エンジンからいきなりペナルティ等くらうと翌月収入がなくなることもある
  • 対PCで作業するため人との関わりが少なくなる(基本孤独である)
  • 収入を稼ぐまでに時間がかかる

このようなメリットデメリットが存在します。

まだまだ細かくお話しするとたくさんありますが、主要となるポイントはこのあたりになります。どちらがいいのかは好みですが、家族がいてどうしても「在宅で」と限定するならばアフィリエイトになります。

どちらのビジネスモデルであったとしても継続的に50万入る状態を作る事は可能です。例えサラリーマンであっても学歴のないフリーターであってもそれは可能です。できるイメージが湧かない方は、なぜ収入が繰り返し入るのか?どうしたら収入が発生するのかなど理屈を理解してください。

理屈を理解すると、具体的な道筋が見えますので、自分にもできるかも!とイメージが湧き始めます。

不労所得で50万円作る方法まとめ

サラリーマンが取り組めるビジネスと限定すると

  • 低資金
  • 空き時間に出来る

在宅で取り組めるビジネスと限定し、アフィリエイトビジネスが候補として上がりました。現実アフィリエイトで50万円稼ぐことが本当にできるのか?と言う方は、「アフィリエイトでよくあるQ&A」にて解説していますので参考にされてください。

思い立ったらとにかく行動することをおすすめします。行動し結果が生まれよくも悪くもそれで初めて前進できますから。

⇒サラリーマンの副業に最適な毎月5万円稼げるアフィリエイトの具体的な方法はこちら

このページの先頭へ